「HaRuNe小田原うめまる広場壁面木質化」が間伐・間伐材利用コンクールで間伐推進中央協議会会長賞を受賞

平成29年10月27日(金)に間伐・間伐材利用推進ネットワーク(事務局:NPO法人エコロジーオンライン)が主催する「Forest Good 2017 ~間伐・間伐材利用コンクール~」の表彰式が行われ、HaRuNe小田原うめまる広場のキューブ型パネルによる壁面木質化が間伐推進中央協議会会長賞を受賞いたしました。

 

「間伐・間伐材利用コンクール」は、間伐や間伐材利用に関する様々な実践例やアイデア製品を普及することを通じて、間伐の推進や間伐材の利用拡大に貢献し、森と日本を元気にするために実施されています。

 

今回のコンクールでは、製品づくり・利用部門34点、間伐実践・環境教育部門28点の応募の中から各部門において、林野庁長官賞1点、間伐・間伐材利用推進ネットワーク会長賞1点、間伐推進中央協議会会長賞1点、審査委員長奨励賞1点、特別賞2点が発表されています。

 

駅という多くの人が利用する場所での間伐材のPRにつながるものであること、行政として内装木質化に取り組んでおり、観光や産業の振興につながるものであること、デザイン性も高く製品としての完成度の高さなどが評価され受賞に至りました。

 

受賞した「うめまる広場」の木質化壁面

 

ページトップ

おだわら森林・林業・木材産業再生協議会(小田原市農政課内)
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1491

Copyright © Odawara forest, forestry and timber industry Play Council. All rights reserved.