「木づかいのまち小田原」

FMおだわら78.7MHz 情報番組「MORNING GARDEN」

毎月第4火曜日午前10時5分~

 

おだわら森林・林業・木材産業再生協議会方々をお迎えして、小田原の森や小田原産木材に関わるお話や木づかいへの思いを

パーソナリティ牧いずみとフリートークするコーナーです。


vol.2【小田原市森林組合 技師】佐藤 健

小田原の森を綺麗にすることが、
小田原の海を綺麗にすることに繋がっている

―前回高木さんから小田原の木の取り組みについて、川の流れでご説明いただいたのですが、改めてどういった取り組みなのか教えていただけますか?

木の流れを川の流れに例えまして、森を管理する人・木を切る人を川上。木を製材・流通させてくれる人を川中。そして、木を使っていろんな形にする大工さんとか、木工屋さんとか、その方達を川下という流れの中で表していて、我々森林組合は川上の立場となっています。


―その中で佐藤さんは、どういったお仕事をされていらっしゃるのでしょうか?

私は森林組合の職員ということで、組合員さんの山を中心に小田原の山の管理をしていくということと、組合員さん達から預かっている山を整備するにあたって、木こりの方たちを仕事の現場管理や施工管理などをしております。

―森林組合の方は、通常、久野のいこいの森 辺りで一日中作業をしていらっしゃるのでしょうか?

そうですね、久野の山もありますし、湯河原まで行く手前の片浦地区にも山がたくさんありますので、そちらの山も管理しております。

その中で週の半分は森に行って、半分は事務所で書類整理等をしています。

―小田原の森の現状なんですが、いかがでしょうか?

平成19年から県の方で水源税を利用した森林整備を進めています。現在は割と手入れの方が進んできているものの、小田原は山林が大変多いので、まだ手入れのされていない山も残ってしまっているという状況です。

手入れの進んでいない山については、所有者さんといろいろお話させていただき、森林整備をしませんか?という提案をしています。

整備の進んだ山に関しては、材が戦後植えられた50〜60年の木で、使うのを待っている状態なので、その木を少しずつではありますけれども、山から出して木づかいしていこうという動きです。

―最近、小田原産の木材を使って様々な取り組みをされていらっしゃいますよね。そのおかげで、地元の木に触れあえる機会が増えてきているのを実感しているんですけれども、これからもそういう取り組みをしていかれるのでしょうか?

先日も市長から「ウッドスタート宣言」がありましたし、それ以外にも小田原城天守閣の摩利支天像にも組合員さんの山の木が使われています。

この協議会が作られてから5年になりますが、その中でいろいろな方々と「木育」という教育を含めたイベントを数多くやってきました。

私も森林組合がいこいの森を管理しているので、いこいの森の中での森林体験であるとか木工教室といった形で、市民の方・県民の方に木の良さ・森の良さを伝えていけるような場所があるかなと思っています。

―改めて小田原の森の良さというのを仕事をされてて思うところはありますか?

針葉樹・広葉樹を含めて、山の中で、仕事してる中でも気持ち良く仕事をさせて貰っているのと、そこから見える小田原の海が綺麗であることを感じながら、小田原の海が綺麗というのは、森が整備されていることと繋がっているのかなと感じています。森を綺麗にしながら、海を綺麗にしていきたいなと思っています。


―(リクエストの曲中に)森の中はいろいろと楽しいというお話をお伺いしたのですが、葉っぱとか食べたりもするんですか?

春には山菜が採れますね。タラの芽もそうですし…ハナイカダという葉っぱだとかユキノシタという葉っぱが天ぷらにすると美味しくいただけます。

―佐藤さんにとって、小田原の「木づかい」というのはどういったことだと思いますか?

我々森林組合は、今まで山で木を切ることが仕事だと思っていたんですが、この協議会をはじめいろいろな業種の方と繋がっていく中で、ただ木を山から出せばいいわけではなく、その木が今後どのように使われていくか、それを一緒に学んでいかなければいけないと思っています。

木の切り方とか木の太さとか長さとか、ある木をふんだんに余すところなく使っていけるように繋がりが出来たので、それが出来るような技術を森林組合の方で身に付けていかなきゃいけない。

それとあわせて、先人達が植えて育ててきた木が採算の問題等から「捨て切り間伐」という形で山に捨てられてしまっているという現状もあるんですね。木づかいというのは、元々の木が無ければ進まないので、少しずつではありますけれども、山から捨て切り間伐が無くなり、ほとんどの木が山から出てくるような環境づくりをしていきたいなと思っております。


facebookで共有
 
「つなぐ」 木づかいびとの想い
小田原地区木材業協同組合

ページトップ

おだわら森林・林業・木材産業再生協議会(小田原市農政課内)
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1491

Copyright © Odawara forest, forestry and timber industry Play Council. All rights reserved.